初めての車売却査定~愛車を高く売ろう~

初めてでも車を高く売るコツや注意点をまとめました

車買取に関するQ&A

法人名義の車を売るにはどうしたらいい?

投稿日:

ライトバン系の社用車

法人名義の車の売却。

法人名義の車を売る場合でも、個人名義の車を売るのと何ら変わりはありません。

車の査定をしてもらう⇒査定額に納得したら売却

車の売却はこのような流れになります。

ただし、基本的な流れは一緒ですが、用意する書類や印鑑に若干の違いがあります。

 

法人名義の車を売却するのに必要な書類

法人名義の車を売却する際に必要な書類は以下の通りです。個人名義の車を売る時と違う書類は、赤文字で表記しています。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑証明書(法人の印鑑証明書)
  • 実印(会社の代表印)
  • 譲渡証明書
  • 委任状(手続きを代行してもらう場合のみ)

社用車を少しでも早く売りたい場合には、車の買取査定と並行してこれらの書類を揃えておくことで、スムーズに車を売却することができます。

関連:車買取の際の必要書類

 

法人名義の車の売却には、会社の印鑑証明と会社の代表印が必要

普通車を売却する場合には印鑑証明書が必要となりますが、法人名義の車を売る場合、法人の印鑑証明書が必要となります。

それに加え、各書類の捺印が会社の代表印である必要があります。

ただし、法人名義の車が軽自動車の場合は、会社の代表印があればOKで印鑑証明書は必要ありません。

 

登記簿謄本が必要な場合も?

車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合、個人では住民票が必要になります。しかし、法人には住民票というものが存在しないため、会社の登記簿謄本が必要になります。

 

社用車は買取価格が安い?

営業車として乗られてきた社用車は、走行距離が多いから買取価格がつかないのでは?と考える方もいますが、あながちそうではありません。

ハイエースやキャラバンなど荷物が多く積める車や、営業車によくあるライトバン系の車種であれば、海外で一定数の需要があり、思わぬ査定価格が付く場合があります。

関連:走行距離が10万km以上の車でも買取りは可能?

ただし、走行距離が多いことを理由に安く買取ろうとする買取業者もいますので、売却の際には複数の買取店で査定をしてもらい、買取金額を比較することを忘れないでください。

OK

 

初めて車を売るときに読みたい
⇒初めて車を売るときの注意点と高く売るコツ

 

車を高く売るなら車買取一括査定サイト

中古車一括査定査定例

車を少しでも高く売りたいのなら、買取比較サイトで査定してもらう方法が一番です。

複数の業者に一括で査定の依頼が出来るので簡単ですし、買取店側で勝手に競合をしてくれるため、査定額も当然相場より高くなりやすいです。車査定に関する知識が無くて不安という方でも、買取額を複数比較できるという点では安心です。

「ズバット車買取比較」は、上場企業が運営する信頼度の非常に高い車買取一括査定サイトです。

ガリバーやビッグモーターなど大手買取店も多数参加。200社以上の買取店からあなたにピッタリの買取店を見つけることができます。

⇒ズバット車買取比較公式サイトへ

-車買取に関するQ&A

Copyright© 初めての車売却査定~愛車を高く売ろう~ , 2021 AllRights Reserved.