初めての車売却査定~愛車を高く売ろう~

初めてでも車を高く売るコツや注意点をまとめました

車買取に関するQ&A

車の下取り時にはガソリンはどのくらい入れておくべき?

投稿日:

笑顔の女性

車を下取りに出すときや買取してもらうときにガソリンはどのくらい入れておくべき?

あまりたくさん入れておくともったいないような気がするし、かといって少なすぎると非常識だと思われそう・・・

結論からいうと、

車を売却するときのガソリンの量は気にしなくていい

ということになります。

 

残っているガソリンの量は査定価格にも影響しない

下取りや買取時にガソリンの量が満タンでもスッカラカンでも、査定価格には影響がありません。

査定に影響するのは、あくまで車の状態や車種、年式になります。

別に、Eランプ(エンプティランプ)が点いている車を持っていったからといって、ディーラーや買取店の印象が悪くなることもありませんので安心してください。

下取り車や買取車は、ディーラーや買取店の修理工場に持ち込まれて点検を受けるか、そのままオークションに出品されます。

公道を走っていると、荷台に車を何台も積んだ大型トラックを見かけることがあると思います。

オークション会場や修理工場へはそのような輸送手段で運ばれるため、ガソリンが入っている必要が無いのです。

 

下取り前のガソリン料の調整のやり方

下取りギリギリまで売却予定の車を乗ることはよくあることです。

その際のガソリン量の調節のやり方ですが、

  • ガス欠が怖いという方は、おおむね一目盛をキープ
  • ギリギリまでガソリンを節約したいという方は、Eランプが点いたら数リッターずつ給油

という感じになります。

特に女性のかたは、「ガス欠したらどうしよう?」と不安に思うかたが多いです。

そのような場合には、「1,000円分給油して数日走ったらまた1,000円分給油する」などして一目盛あたりをキープしておけばよいでしょう。

また、ガソリン代を極力節約したいというかたであれば、エンプティランプが点いたら3~5リッターずつ給油して、下取り時に車を持っていく際に、ちょうどエンプティランプが点くくらいに調整しておけば、ガソリン代を節約することができます。

 

エンプティランプ(給油ランプ)が点いてから車はどのくらい走る?

エンプティランプが点灯している様子

エンプティランプ(給油ランプ)が点灯したからといって、すぐにガス欠を起こしてしまうわけではありません。

エンプティランプは、ガソリンの残量がおおよそ10リットル前後になると点灯します。

ということは、燃費が10km/ℓの車であれば、あと100km、5km/ℓの車であれば、あと50kmは走行できる計算になります。

高速道路のガソリンスタンドは、おおよそ50km間隔で設置されています。これは走行中に給油ランプが点灯しても、次のガソリンスタンドまでは走れるようにと配慮されているからです。

 

ガス欠の前兆

車がガス欠する前には、

  • アクセルを踏んでも回転数が上がらない
  • アイドリングが不安定になる
  • 車がガクガクとノック(前後に揺れる)する

などの兆候が現れます。

ガス欠でエンジンが止まってしまうと、ブレーキやステアリングが極端に重くなったりします。

車も制御不能になりますので、このような症状が現れたら周囲をよく確認して、早急に路肩に車を停止させるようにしてください。

 

もし、ガス欠になってしまったら?【ガス欠の対処法】

万が一、ガス欠を起こしてしまったら必要以上に慌てず落ち着いて対処しましょう。

 

車を路肩に止めハザードを点灯される

ガス欠の症状が現れたら、すぐに車を路肩に寄せて停めハザードを点灯させるようにしてください。

この際、サイドブレーキを引きしっかりと車を停車させるようにしましょう。

高速道路の場合は、

  • 後方の安全確認をしてから三角停止板を後続車から見やすい位置に設置
  • 近くに燃えやすいものが無いかを確認し、発煙筒を発火

など、二次トラブルを起こさないように対処することが大切です。

 

近くにガソリンスタンドがあれば携帯缶を借りる

近くにガソリンスタンドがある場合は、事情を説明し携帯缶にガソリンを入れてもらいましょう。

携帯缶で停止している車の給油を済ませたら、返却と一緒にそのガソリンスタンドで十分な給油をしてください。お礼の意味も込めて満タンにするのがいいでしょう。

 

ロードサービス、JAFなどに連絡する

近くにガソリンスタンドが見当たらない場合や高速道路でのガス欠の場合は、すみやかにロードサービスやJAFに連絡を入れましょう。

最近は、車の任意保険のオプションサービスとしてロードサービスを無料で利用できる場合もあります。もしもの際のために保険会社にあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

また、JAFの非会員でもサービスを利用することはできますので、やむを得ない場合はすぐに連絡するようにしましょう。

料金は、

  • 一般道路の場合で、サービス料8,000~10,000円前後+ガソリン代(実費)
  • 高速道路の場合で、サービス料10,000~20,000円前後+ガソリン代(実費)

ほどが目安となります。

 

まとめ

車の下取り時や買取時にはガソリンを多く入れておく必要はありません。

しかし、あまり節約しすぎてガス欠などを起こしてしまうと大きな事故につながる可能性もあります。

ほどほどの量をキープして下取りに出すというのが、一番ベストではないでしょうか。

OK

 

初めて車を売るときに読みたい
⇒初めて車を売るときの注意点と高く売るコツ

 

車を高く売るなら車買取一括査定サイト

中古車一括査定査定例

車を少しでも高く売りたいのなら、買取比較サイトで査定してもらう方法が一番です。

複数の業者に一括で査定の依頼が出来るので簡単ですし、買取店側で勝手に競合をしてくれるため、査定額も当然相場より高くなりやすいです。車査定に関する知識が無くて不安という方でも、買取額を複数比較できるという点では安心です。

「ズバット車買取比較」は、上場企業が運営する信頼度の非常に高い車買取一括査定サイトです。

ガリバーやビッグモーターなど大手買取店も多数参加。200社以上の買取店からあなたにピッタリの買取店を見つけることができます。

⇒ズバット車買取比較公式サイトへ

-車買取に関するQ&A

Copyright© 初めての車売却査定~愛車を高く売ろう~ , 2021 AllRights Reserved.