初めての車売却査定~愛車を高く売ろう~

初めてでも車を高く売るコツや注意点をまとめました

車の売却手続き

引っ越し後に車検証の住所変更をしていないまま車を売ることは可能?

投稿日:

車の売却について悩む女性

引っ越し後に車を売る。

引っ越ししてから、まだ車検証の住所変更も済ませていないまま車を売ることは可能なのでしょうか?

結論としては、車検証の住所変更をしていなくても車の売却は可能です。

しかし、引っ越しの状況によって車の売却時に必要となる書類が変わってきます。引っ越し後に車を売りたいという場合には、その点だけ注意をしておいてください。

 

車の売却時には車検証と印鑑証明書の住所が一致していないといけません

車の売却時に必要な書類は決まっていますが、そのひとつとして印鑑証明書が必要です。

車の売却時に必要な書類について

引っ越し後、まだ車検証の住所変更を済ませていない車を売るためには、

この印鑑証明書に記載されている住所と車検証に記載されている住所の関連付けが必要になります。

この場合、関連付けを証明する書類として「住民票」が必要となります。

住民票には、ひとつ前の住所も記載されています。

ということは、住民票に記載されている住所が車検証の住所と一致することになります。

そうすることで、車検証と印鑑証明書の住所が関連付けられますので、手続き上は何の問題も無く車を売ることができるのです。

引っ越しを何度も重ねている場合は、戸籍の附票(こせきのふひょう)が必要

引っ越しを何度も重ねていて、車検証の住所がかなり前の住所になっている場合は、住民票ではなく戸籍の附票という書類が必要になります。

戸籍の附票もは、それまでの移転履歴が記載されています。それらをさかのぼって確認することによって、車検証と印鑑証明書の住所が関連付けることができます。

 

戸籍の附票とは?

戸籍の附票とは、住所の移転記録を記録した書類のことです。

戸籍の附票は本籍地のある役所のみ交付が可能で、他の役所では交付してもらうことはできません。

戸籍関係証明書の取得方法は、以下の3通りになります。

  1. 本人が本籍地のある役所の窓口に直接行って取得
  2. 代理人(親戚や知人など)が、本籍地のある役所の窓口に行って取得(委任状が必要)
  3. 郵送で本籍地の役所に申請・請求して取り寄せる

本籍地にある役所まで出向いて交付してもらうのは大変ですので、郵送での請求が便利です。

戸籍謄本等郵送請求書のダウンロード

 

難しく考えず買取業者に任せてもOK

実はこれらの書類は本人の委任状さえあれば、代理人での取得が可能です。

つまり、車を買取ってもらう業者に全て任せても大丈夫だということ。

たいていの業者は委任状のテンプレートを持っていますので、買取手続きの際に委任状にサインをして必要書類の取得は業者任せでもOKです。

 

車検証の住所変更をしてなくても車は問題無く売れます

法的には引っ越し後、14日以内の車検証の住所変更が必要となっています。しかし、特に罰則は無く次回車検時のタイミングで住所変更する人も多くいます。

車検証の住所変更をしていなくても、車を売るには何も問題は無いのです。

また、住所変更をしていないことが査定に影響して、査定額が低くなってしまうということもありませんので安心してください。

OK

 

初めて車を売るときに読みたい
⇒初めて車を売るときの注意点と高く売るコツ

 

車を高く売るなら車買取一括査定サイト

中古車一括査定査定例

車を少しでも高く売りたいのなら、買取比較サイトで査定してもらう方法が一番です。

複数の業者に一括で査定の依頼が出来るので簡単ですし、買取店側で勝手に競合をしてくれるため、査定額も当然相場より高くなりやすいです。車査定に関する知識が無くて不安という方でも、買取額を複数比較できるという点では安心です。

「ズバット車買取比較」は、上場企業が運営する信頼度の非常に高い車買取一括査定サイトです。

ガリバーやビッグモーターなど大手買取店も多数参加。200社以上の買取店からあなたにピッタリの買取店を見つけることができます。

⇒ズバット車買取比較公式サイトへ

-車の売却手続き

Copyright© 初めての車売却査定~愛車を高く売ろう~ , 2021 AllRights Reserved.